ユニティインスティチュート・ライブラリ

記事一覧 ライブラリ・トップ
第10回  スピリチュアルハート 「ハートを通しての変容」
前回は、「ハートを感じる」ということをテーマにお送りしましたが、この実にシンプルなハート瞑想が、個人的な革命を引き起こす可能性を秘めています。

昨日までラハシャ博士の「ハートからのカウンセリングスキル」というコースを開催していましたが、このハートのスペースとともにいることで、人生を変容していくことができるということの学びでもありました。



それでは、「サトルボディヒーリング」
「ハートを通しての変容」
をお楽しみください。



      ………○…………○…………○………


サトルボディヒーリング 第二章より
「ハートを通しての変容」
 ハートを感じるエクササイズによって、あなたは次第に外部環境から独立した、幸福と中心の定まった状態を内側に生み出せるようになります。その結果、外部環境もまた変化する可能性があります。というのも、外部環境は私たち自身の内面の意識状態を反映する傾向があるからです。内面の状態と外部環境の関係については、この本の後半で見ていきます。

 あなたは日常のさまざまな状況でこのエクササイズを試みることができます。ハートを感じることが、それぞれの状況にどう影響するのかを見ることができるように、比較的簡単な状況からはじめることが大切です。

 会社での大喧嘩とか、恋人との痛ましい言い争いといった重大な出来事では、気づきと注意深さを保っているのはずっと難しいでしょう――あなたはあまりにも状況に夢中で、巻き込まれてしまっているでしょうから。このプロセスに親しんで初めて、そうした強烈な状況にも応用できるようになります。初めは、簡単なことからはじめるのがいいのです。

 これは自分自身の主(あるじ)となる(self-mastery)道への第一歩です。いったんあなたがこの土台を据(す)えたら、この受容という状態を足場にして、さらに歩みを進めて、感情的な状態にあるエネルギーを、ますます高い意識の状態へと変容していくことができるようになります。

 しかし、これらをいっぺんに全部やろうとするのは間違いです。今のところは「ハートを感じる」ことを練習して、内面の葛藤にとらわれなくなったことからくる安堵を感じるだけで充分でしょう。
 
 これは誰もがはじめることのできる個人的な革命です。

ページトップへ