ユニティインスティチュート・ライブラリ

記事一覧 ライブラリ・トップ
第7回  スピリチュアルハート 「受容という質」その3
サトルボディヒーリングを学んでいる中で、今までとは全く違ったものの見方や視点を学び、素晴らしい体験をしたり、混乱をしたりということも起こりえます。

それは自分が知っていると思っていたなじみのある状態から、なじみのない状態に移行するときに避けては通れない道なのです。

それは古い考えから新たな可能性が生まれてくるのは、この「混乱」「混沌」としたスペースからなのです。

宇宙が混沌の中から創造されるように、創造性が生まれるスペースともいえるでしょう。

そういうときにも受容的であることが必要になってくるのです。

それでは、「サトルボディヒーリング」
スピリチュアルハート「受容という質」その3
をお楽しみください。





      ………○…………○…………○………


第二章より  スピリチュアルハート「受容という質」その3

受容はすべてを含みます。
それはものごとを善い悪いと判断したり、正しいとか間違っているとして裁きません。
むしろどんな状態であっても、それをじっくりと見つめ、学ぶべきどのような教訓があるのかを理解します。

受容が重要だという理由はもうひとつあります。
受容はハートセンター自体にとって欠くことのできない薬、あるいは栄養の役割を果たしています。
受容は、ハートの自然な機能のひとつです。

受容の変容する力を開発することで、あなたは同時にハートセンターを育み、活性化して、ハートが健康的に機能するのを助けているのです。
それは、ちょうど毎日の運動が肉体の健康に役立つのと同じように、受容という資質に働きかけることは、スピリチュアルハートを健康な姿に保ちます。



ページトップへ