ユニティインスティチュート・ライブラリ

記事一覧 ライブラリ・トップ
第1回 「サトルボディヒーリング」序説
ユニティインスティチュートのスクール には3つの部門があります。
サトルボディヒーリング、エッセンシャルライフプログラム、と瞑想プログラムの3つの柱です。

そのなかでもサトルボディヒーリングはユニティインスティチュートの3人のディレクター兼講師の長年の実績のある専門分野です。

そのことは「サトルボディヒーリング」の本の次の序文に簡潔に紹介されています。

      ………○…………○…………○………

「この本の著者であるリーラ、プラサード、アルヴィナは、西洋心理学の多くの要素と、エナジーワーク、そして東洋的霊性のエッセンスをひとつにして、チャクラのエネルギーシステムへの特殊なアプローチと、オーラのエネルギー層であるサトルボディ(微細身)の詳細なマップを開発しました。それは、人間意識を変容し上昇させるための新しい次元を切り開いたOSHOのガイダンスのもとで、長年のワークを通じて発展してきたものです。彼らはマスターのもとでの瞑想の中でエソテリックな秘法の伝達を受け取り、それらを何千人もの人々に伝え、瞑想と神秘主義の世界で高く評価されています。」

ごく簡単に、ひとことでいえば、サトルボディヒーリングとはセルフヒーリングのシステムであり、かつ人に対するヒーリングをしていくことができるようになるシステムです。また同時に直観や感じる力やエネルギーリーディングの能力開発にもなります。

ヒーリングといってもいろんなレベルがありますが、サトルボディヒーリングでは、これまで西洋心理学やスピリチュアルなこととして研究されてきていることを、人間の心理や感情、思考、精神性をも含めて、エネルギーのレベルで解明し、より良く生きるにはどのようにすればよいかを紹介している、ということになるかと思います。

しかしながら、「エネルギーのレベル」ということがまだ一般にはなじみがないために、最初は取っ付きにくく思われがちです。

エネルギーのレベルというと、スピリチュアルな側面では一般にオーラやチャクラのサトルボディ(微細身)として知られていますが、それらのエネルギーは一般には肉眼で見えないために、これまでは精神世界のニューエイジの世界で普及し、ないし古代のヨガなどのごく限られたシステムで認知されているだけでした。

ところが、最近量子物理学の発展により、その目に見えないエネルギーが科学的に解明されるようになるにつれて、実はそのような古代の知恵、仏陀の教えなどの「東洋的霊性のエッセンス」として語り継がれてきたことが、実は物理学のレベルでも科学的に説明されるようになってきているようです。

『フィールド 響き合う生命、意識、宇宙』(リン・マクダガート著 河出書房新社刊)
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4309906079/oshoartunity-22/ref=nosim

この本の中では遠隔治療などについても最先端の科学者による厳密な実験がなされて、証明されつつあります。サトルボディヒーリングで実践し教えられていることが、実は現在では科学者の研究対象となって、証明されつつあることがわかります。

このように、これまで心理学で扱われていた側面も、感情や思考なども、エネルギー的な側面で理解されるときが来るでしょう。なぜなら、思考も感情も微細なエネルギーの形態だからです。

サトルボディヒーリングでは、このようなエネルギーの観点から、思考や感情に対処していく方法を学んでいきます。

      ………○…………○…………○………

ちょっと前置きが小難しくなってしまいましたね。

現在サトルボディヒーリングについての本「サトルボディヒーリング」が絶版となっています。

来月には再版の本がわかりやすい縦書きで、コンパクトになって出版されます。

すでにこの本をお持ちの方もおられるかと思いますが、その本の紹介も兼ねて、サトルボディヒーリングについて、このブログの中でシリーズでお届けします。

エネルギーレベルでは人間をどのように理解することができるのか。サトルボディヒーリングはどのように人生や生活の役に立つのかを紹介してみたいと思います。

ページトップへ