ユニティインスティチュート・ライブラリ

記事一覧 ライブラリ・トップ
“適した”瞑想を見つける
【質問】
「どうすれば自分に“適した”瞑想を見つけられるでしょうか?(東京、M.S. )」


【答え】
何よりもまず、瞑想とは
単に気づきを拡大する方法であることを
思い出してください。
それに役立つたくさんの技法がありますが
どんなものでもが瞑想になり得ます。

お風呂に入るとき、
身体のまわりの温かなお湯を感じながら
それに気づいていようと決めることもできます。

自然のなかを散策しているとき
周囲の音を聴きながら
それに気づいていることもできます。

Oshoの本『新瞑想法入門』(http://tinyurl.com/36279ed)には
あなたが実験して
自分の気づきの広げることに役立てることのできる
たくさんの瞑想技法が掲載されています。

自分の気づきを広げることによって
あなたは真の自分の中心に定まるようになります。

何日かまたいくつかの状況で
気づきを深める練習ができるときに
自分で異なる技法を試してみて
どの技法や状況がいちばん簡単で楽しめるかに
注目することをお勧めします。

簡単にできるものが適しています。
そして自分の気に入った瞑想をしばらく試してみて
その瞑想の体験を蓄積し
実際に自分でもその効果がわかるまでやってみます。

しばらく続けているうちに
別の技法に移りたくなるかもしれません。
そのときは自分の直観にしたがってください。

どのような技法を使うにせよ
瞑想にアプローチするときには
自分へのくつろいだオープンな態度を
忘れないでいてください。

どんなものに気づくようになるにせよ
それがあるがままであることをゆるし
自分を裁いたり
ものごとを変えようとしたりせずに
ただそれを見守ります。

そのくつろぎのなかで
あなたのハートは開き
あなたはもっともっと
自分のより深い本質に
気づくようになります。

あなたの中心には
平和と静寂があり
あなたは純粋な愛のスペースのなかにいます。

そのときあなたは
中心にいて、エネルギーに溢れ
愛に満ちた気づきをもって
自分の人生を生きることができます。

ページトップへ