ユニティインスティチュート・ライブラリ

記事一覧 ライブラリ・トップ
スペースの贈り物
【質問】
「時間の贈り物」は私に素晴らしい体験を与えてくれました。
そこで私は、「スペース」のためにも何かできるかもしれないと思いました。
日々の生活で、私たちはしばしばスペースを持とうとして苦労します。
このスペースのために苦労するということについては、何ができるでしょうか?

【答え】
スペースの贈り物をすることは時間の贈り物をすることと似ていて、
それらは同時に起こります。
時間と空間の一方または両方を与えることは、
あなたをマインドからその瞬間に連れだします。

自分の知性が開いて、あなたはずっと大きな視野から事態を見て、
感じて、聞き、体験します。

スペースの贈り物をすることによって、
まさに時間の贈り物をするのと同じように、
あなたのハートは自然に開き、
あなたが他の人に与えるスペースの贈り物は
あなたにももたらされます。

それは愛と同じです。
愛を与えるとき、あなたは自分の内側で愛を感じますが、
それは素晴らしい滋養となる体験です。
それはあなたに滋養を与えると同時に、
ほかの人にも滋養を与えます。

スペースを提供すると、
あなたは同時に自分のなかのスペースを体験します。
たとえ相手の人が自分にスペースのギフトが与えられたことに気づかなくてもです。

「スペース」を持つための苦闘は、
通常ほかの人々との関係で起こります。
ときどき他の人が才能や創造的アイディアを表現すると、
人びとは嫉妬を感じて、
自分も何かを表現するための「スペース」を求めて奮闘します。

あるいは「スペース」を持つための奮闘は感情についても起こります。
ひとりの人が感情を表現するための「スペース」が欲しくなると、
他方は相手の感情を聴かないとか、
受け取らないために「スペース」を求めます。
しばしば双方が「スペース」を求めているのです。

感情的な葛藤があるときに、私たちがあなたに提案するのは、
まず「スペース」の贈り物を自分自身に与えることです。
自分の感情を感じるための時間とスペースをとります。
あなたは相手の感情に反応しているのかもしれません。
それらの感情を押しのけようとせず、
またそれを相手に向けようとせずに、
感情とともにそこにいます。

これができるようになるには少し時間がかかるかもしれませんが、
いったんそれが起きて、自分の「スペース」をもつようになると、
あなたの感情は自然に なります。そうなると相手に反応したり、
相手を止めようとしたりせずに、
他の人に「スペース」を与えることができるようになります。

そうなると双方が、くつろぎ、気楽に感じ、
感情エネルギーが健康的に、生き生きと、
自然に流れるようになる解決策を見つけることが、
ずっと簡単になります。

才能を表現することに関わる嫉妬という状況では、
ひとつの戦略は、相手が満足して嫉妬を感じなくてもすむように、
相手に「スペース」を与えることを考えて、自分は引き下がることです。

これは本当にスペースを「与えること」ではありません。
それはむしろ誤魔化しのようなもので、
けっして成功することはないでしょう。

実際は、それによってあなたは不満を感じ、
相手も不快を見いだします。

ひとつの提案は、ハートからはじめることです。
内側に「スペース」を感じて、
自分がすでに内側に見つけている愛とつながります。
自分の才能を隠してはいけません。

あなたの愛を自分の才能にもたらし、
愛から生じる知性によって解決策を見いだすのです。
そうすることで自分の才能を表現しながら、
相手にもその人が持つ美点で貢献するのをサポートするのです。

相手と自分のどちらかに「スペースの贈り物を与える」
というこの瞑想を試して、
それが自分に何を与えるかを感じてください。

ページトップへ