ユニティインスティチュート・ライブラリ

記事一覧 ライブラリ・トップ
時間瞑想という贈り物
【瞑想】
―時間の贈り物―
イライラしていますか?
今日は誰かに時間の贈り物を与えましょう。


【解説】
あなたがマインドのなかに住んでいるとき、
あなたは時間のなかに住んでいます。

これまで一日の中には
自分がすべきこと全部をするだけの十分な時間がないと
感じたことはありませんか? 

社会がそのハイペースに遅れないように
誰にも圧力をかけているので、
これについて外側の環境を責めるのは
簡単かもしれません。

このプレッシャーに対して速度を上げれば
自分がしなければならないことや
したいことを全部する時間ができるだろうと思って、
大部分の人はスピードを上げます。
この戦略は通常、
あなたをその瞬間から外に連れだし、
たくさんの緊張と疲労を生みだします。

この瞑想では、
あなたは自分と他の人に
時間の贈り物をします。

たとえば、店でレジで並んでいるとき、
前の人の進みが遅すぎるとか、
レジの人にもっと速くしてほしいと思って、
自分がイライラしているのに気づいたら、
何であれその人たちがしていることをするために
時間をもっと彼らにあげます。

深く呼吸をして、意識的に
それらの人たちに時間の贈り物をすると決心することによって、
あなたはそうすることができます。

この時間の贈り物は、
誰にでも、どこででも、与えることができます。

他の例としては、誰かと話しているとき、
自分が話す前に、相手の人に話しを終える時間を贈ることです。

たとえ、会話の中で相手が
もっと手際よく話すべきだと思える場合でも、
相手の人が自分のペースで話せるように、
その人に時間の贈り物をあげます。

あなたが時間の贈り物をしたとき、
何が起こるかを感じます。

誰かにこの贈り物をすることの恩恵は、
自分がその瞬間に連れ戻されることです。
自分のマインドのなかでどこかにいってしまうのではなく、
あなたはここの、この瞬間もどります。

ひとつ深い呼吸をし、
あなたが知らない人に対してさえも寛大であることで、
あなたは自然に、
自分のハートを開きます。
ハートは無時間です。
ただ、今です。

ページトップへ