ユニティインスティチュート・ライブラリ

記事一覧 ライブラリ・トップ
自分を認める
【瞑想】
自分を認める ―
あなたが今日、
仕事場で、あるいは家庭で表現した
ひとつの強み、ギフト、才能は何ですか?


【解説】
ビジネスの世界では
強みとは私たちが日々の活動で使う
資質、才能、ギフト(天賦の才)のことです。

自分の強みや才能を使うとき
あなたは自分に対していい感じがし、
自分ができることに対して快感を覚えます。

あなたが自分の強みやギフトにつながるとそれらは成長し、
あなたはさらにそれらをもっと評価するようになり、
そうすることでもっと自信がつき、できるオーラがでてきます。

そうなるとあなたは
自分がやっていることでもっと成功するようになり、
自分が行きたい方向性に対してもっと決断力がつき、
ますます新しい可能性を引き寄せるようになります。
あなたは自分の人生に変化を起こす必要がある時には
もっと明晰に見ることができるようになり
そしてそのために必要なステップを踏む勇気をもつようになります。

自分の強みに気づかなければ、
それらは隠れて休眠したまま種として留まります。

自分の強みを活かし表現するためには、
ただそれらに気づき、それらを認識し、使うことが必要です。

そうすれば、
ちょうど筋肉が運動することでより強くなるように、
あなたの強みや才能は使うことでさらに強くなるのです。

職場、家庭、そのほかどんな生活領域でも、
活動を始めるときはいつでも、少し時間をとって
その活動で自分を助けてくれそうな
自分の強みやギフトを認識します。

これはただ
「どんな強みや才能を、今私は使えるか?」
と自分に問いかけるだけでできます。

この質問を問いかけるのは、自分の頭にではなく、
自分のハートにするのだということを忘れないでください。

その答えを受け取ったら、少し時間をとって
身体のなかのその強みの感覚とつながって、
それから先に進みます。

これは、行き詰まりを感じたときや、
ストレスに陥ったり、混乱したり、疑いや不安、疲れを感じるとき、
あるいは自分に渇を入れる必要があるときなど、
どんな行動をしているときにでもこれを実践することができます。

ページトップへ