ユニティインスティチュート・ライブラリ

記事一覧 ライブラリ・トップ
ハートの痛み
【質問】
「ハート瞑想をしたとき、私はハートに痛みを感じました。なぜでしょうか?」

【答え】
いつでも身体に痛みがあるときは
医師に診てもらうのがいいです。
どこも悪いところがないと医師に言われたら
そのときは安心して
その痛みが自分に何を告げているのかを見つけます。

ハートの痛みは
あなたのハートがそれまでよりも開きつつあるために起こったり
それまで知らなかった何か新しい領域に対して開いているために
起こったりすることがあります。

ときにはその痛みが
ほとんど心臓発作のよう強いこともありますし、
ときには優しい波動や震えのように
穏やかなこともあります。

ときにその感覚は熱かったり、鋭かったり、
そのほかの感覚のときもあります。
このような痛みは
あなたが自分のハートの新しいオープニングに
慣れるにしたがって消えていきます。

また、ハートは自然に感情を変容します。
最初に、それはあなた自身の感情を変容し、
それからあなたのハートが
身近な他の人の感情を変容することもあります。

それはしばしば苦しみをともないます。
その解決はシンプルですが
簡単ではありません。
できるかぎり、今にとどまり、
その痛みを感じてください。
そうすれば、
あなたはその痛みを消化することになり
その痛みはあなたにとって有益なもの、
役立つものに変容します。

たとえば、恐怖は油断なさに変容して
あなたがチャレンジとなっているものの解決策を
見つけるのを助けてくれます。
怒りは、愛や勇気や強さに姿を変えます。
悲しみは、くつろぎや、平安や、沈黙や、
あるがままにであること対する無抵抗に姿を変えます。

その痛みのメッセージの真意を
発見できるようにするには、
あたかも客を迎えるように
ただその痛みを歓迎し
「あなたは何を私に告げようとしているのですか?」
と尋ねることです。

そして沈黙して待ちます。
あなたのハートの静かなささやきに
耳を傾けます。

ページトップへ