ユニティインスティチュート・ライブラリ

記事一覧 ライブラリ・トップ
リーラの来日 第2回
前回のブログでは
来日中のリーラの「内なる引き寄せの法則」のコースから
「許す」というテーマで学んだことのをご紹介をしましたが、
今回もその続きです。

許しのプロセスをするときに大切なことは
恨み、許せないという気持ちの背後に抑えられている感情を感じ、
受け入れ、愛すことです。
多くの場合はそこに痛みを伴った感情があります。


普通、私たちはそのような痛みをもった感情は早く忘れたいと思うので、
抑圧したり、無視しようとします。
あるいはそれを感じなくするためにアルコールを飲んだり、
買い物や食べることに走ったり、仕事で忙しくしたり、
気をまぎらせるありとあらゆることをします。

しかし、一時的には気がまぎれることがあっても、
感情はいつもどこかに隠れていて、
ふとした拍子にまた顔を出します。
例えば、子供時代の傷を抱えていると、それを忘れたつもりでいても、
同じような状況でふと思い出したり、
無意識の中でそれらの感情を引き起こす似たような状況を引き寄せることもあります。

こういった感情は受け入れられ、愛されるまで、
あるいはその感情と向き合うまで、
いつもどこかに隠れていて、自分を離れることはありません。

感情は感じられる必要があります。
そして感じられることで変容します。
感情を感じることでそれが凍ってしまった状態から溶けていき、
エネルギーが再び流れるようになります。

また過去の恨みや、許せない気持ちにくっついている
その時に信じ込んでしまった考えに気づくことも大切です。
案外自分が思い込んでしまっていることを気づくのは難しいものです。

まず凍ってしまっている感情を感じると、エネルギーが流れはじめ、
すると自分が思い込んでいた考えに気づきやすくなります。

誰だって人生に一つや二つ苦い思いをかかえたまま生きてると思います。
それを見ないふりをしたり、昔のことだとどこかにしまってしまうのではなく
それは自分がもっと今に目覚め、自由になることを助けてくれます。

そんな風に許しのプロセスに向き合うことができれば
勇気づけられますね。


このプロセスを自分一人で経過していくことは、なかなか難しいことです。
リーラのコースでは、愛の雰囲気に包まれ、信頼とともに、そのプロセスを
踏んでいくことの大きなサポートがあります。

リーラ自身の体験に基づく話が、私たちのプロセスを経ていく勇気を与えてくれました。

ページトップへ