自分の自然な直観的知性により深くつながり、オーラソーマセッションを提供するときにそれを使うことを学びます。誰もがこれらの能力を持っており、このコースは特にその能力を引き出すためにデザインされています。

直観的知性につながることで、内なる視力と、クライアントのユニークな本質を知覚する感受性が開かれます。参加者は自分の内面の声を信頼し、確信と明晰性をもって話すことを学び、その結果クライアントはセッションで伝えられたことを深く理解し、満足し、それによって豊かになったと感じます。

このコースでは以下のことを学びます。
  • オーラソーマセッションを提供するとき、より確信に満ち、自分のリーディング能力を信頼すること
  • セッション中に感情的になったクライアントの話に思いやりをもって耳を傾け、共感と感情的な知性をもってそれに応答する能力
  • 一瞬一瞬クライアントがセッションにどのように反応しているかを読み取って、リーディングがよりよく伝わるようにすること
  • クライアントの内的資源や長所や才能を識別し、どうすればクライアントがそれをさらに発展させて表現できるかを認識すること
  • 自分の中心に入り、クライアントとのセッションのあいだ中心にとどまること
  • クライアントが自分自身の明晰性と方向性を発見できるように手助けすること
  • クライアントが自分が尊敬され、正しく評価され、尊重されていると感じるような方法でリーディングすること
  • セッションの価値を奪うあらゆることに気づいてそれを克服すること。たとえば、誰かに為すべきことを指示したり、求められていない忠告を与えたり、ジャッジしたり、批判したり、クライアントが聞こえない話し方をしたり、理解できないことを言ったり、抽象的すぎるリーディングをしたり、重要でない細部に捕らわれたり、噂話をしたり、自分の話をしたり、といったことです。
  • より深く洞察し、表面下にあることを見、その人の肝心な本質につながること
  • 思いやりをもって話し、相手がオープンになり受容的になることを安全だと感じられるような愛に満ちた雰囲気を作り出すこと
直観はオーラソーマ・プラクティショナーがすでに持っている知識や訓練を大いに高め、それらをより知性的で創造的で繊細な方法で使うことを可能にします。自分の直観を認識し信頼するにつれ、それはその人のオーラソーマのセッションやコースの価値を大いに高め、それをさらに効果的で魅力的なものにします。リーディングをするときの意識はクライアントがセッション用に選んだクリアボトルのように透明になります。知恵を持ってリーディングすることで、クライアントは自分が理解され尊重されていることを感じ、人生において自分が選んだボトルのより深い意味と妥当性を自然に理解します。

◇ このコースは、レベル4の要件である36時間のコースのひとつとして認められています。 
◇ オーラソーマ レベル1以上の方が対象です。
ページトップへ
参加者の声