卒業生の声
内側で愛を見つけ、その愛を生きる
VIJAY写真
サトルボディヒーリングトレーニング第1期生
エッセンシャルライフ・コンサルタント第1期生
VIJAY(辻本ヴィジェイ)

Q:エッセンシャルライフコンサルティング・トレーニングを受けて、ヴィジェイさん自身の人生に何か変化がありましたか?

A:もちろん人生にも変化はありました。が、なにより、エッセンシャルライフ・コンサルティングを自分のライフワークとしてやっていくこと自体、今すごく楽しんでいます。本当にセッションをしていて楽しいし、このセッションをもっと多くの人に分かち合っていくぞという「やる気」になっています。その「やる気」が出たことが、大きな人生の変化です(笑)。

エッセンシャルライフ・コンサルティングは、セッション自体が本当に上手にデザインされていると思います。僕にとっては、セッションの構造がしっかり決まっているという、そのことが助けになりました。

僕自身、20年以上の間、セッションやグループをやってきましたが、そのメインのワークは構造がない形です。一番最初に、カール・ロジャースのエンカウンターグループという非構成的グループのファシリテーターをすることから始ったので、そうなったのでしょう。プログラムの構成や順番をはっきり決めても、いつもグループ・ダイナミクス(集団の力学)が働いて、その通りにはものごとは動かないし、動かないほうが、思いがけないことが起こる。そのうちにその思いがけないことが起こるための器を用意することがセラピストの仕事だと思うようになりました。例えばユニオミスティのトレーニングをする時は、この構成や構造にとらわれずに、いかに自由に創意工夫して、瞬間に対応していくかが、僕の教えることのメインです。伝え方は違っても、創始者のミスティカもたぶん同じねらいがあると思います。テクニックやプログラムに縛られて窮屈になってしまっているマインドを解放するためのメタ・スキルを教えています。

それは何もない未知の中からはじめるという醍醐味はありますが、ときには何時間もかかってやっと問題の入り口にたどり着くということもありました。それはとてもやりがいのある仕事ではありますが、もっと上手くやれなかったのだろうかと、後で悩むこともあります。

エッセンシャルライフ・コンサルティングの場合、構造がしっかり決まっているので、セッションは毎回上手くいきます。そのことが僕にとって大きな喜びとなっています。それは人生の原理や生の法則、そして瞑想の原則に基づいて、ていねいに、順番に構成されているので、誰に対して適応しても無理がありません。そしてまた、今まで構造のないやり方に慣れてきたので、たとえ構造があってもそれに縛られずにできる自分を発見するのも楽しいです。自分で自分のしていることに価値を見出せる感じがしています。

エッセンシャルライフ・コンサルティングは、瞑想をシェアするというところにポイントがあると思うので、クライアントの人にとっても自分にとっても、とてもいい感じがしています。そして毎回終わる度に喜びがあります。

このセッションをやることで、自分が今までグループでやってきたこと、たとえばハート瞑想とかを使っていけるところも気に入っています。リーラ、プラサード、アルヴィナにとって、このエッセンシャルライフ・コンサルティングはある意味彼らが今までシェアしてきたことの集大成と言えると思うのですが、僕らにとっても集大成的な感じがしています。エッセンシャルライフ・コンサルティングングの中に、サトルボディヒーリングで学んだことも盛り込んで提供していますし、リーディングのトレーニングで養ってきた直感も使います。電話(スカイプ)を使ったセッションのおもしろいところのひとつは、こちらの直感が非常に問われることです。直接対面して顔の表情やボディ・ランゲージから情報を読み取ることはできないので、逆にふだんより直感が磨かれると思います。それがまたセッションを的確なものにしている感じがしてうれしいです。そしてそれが自分自身への自信にもつながりました。

そして、セラピーや瞑想のテクニックだけでなく、長く生きてきて、長い間、探求してきた僕の人生経験や、その旅のなかで出会った知恵や洞察を分かち合う機会になってくれるので、とてもありがたく感じています。エッセンシャルライフ・コンサルティングという構造や僕の電話の声を通して、結局は今までの僕の人生でのあれこれが、伝えられていくので、それを受け取ってもらえると嬉しいです。僕自身、多くの喜びや痛みを人生で経験してきたので、たいていの問題には動揺しないし、マインドや感情のすみからすみまで知っている方だと思います。そしてマインドを超えたものをずっと探求してきました。

Q:では、ヴィジェイさんからエッセンシャルライフ・コンサルティングを受けたクライアントの方からの感想はどうでしたか?クライアントの方に何か変化はありましたか?

A:クライアントの方からは、たくさんのポジティブなフィードバックを受けとっています。
ある人からは、「ハートの望みを知るということは、人生に、今のエネルギーに柱が出来るようなものですね」という感想をもらったり、また別の人からは「実際の人生でものすごく早く効果が出て驚いています」というフィードバックをもらったりしています。みなさん共通して言ってくれるのは、「とても実際的で役に立つ」という感想です。

また、セラピストとしてグループリーダーをやっていきたいけれど、あることへの依存症がちゃんとしっかり治っているわけではないというクライアントの人がいました。エッセンシャルライフ・コンサルティングを受け、そのクライアントの人が実際の人生で行動しはじめたら、その依存症の自助グループのファシリテータの話が舞い込み、そこでグループをリードすることになりました。その人自身、人生はこんな風に展開していくのかと驚いていました。それもとても早くです。

また、自分自身の体験ですが、毎年ビレッシュのグループをオーガナイズしているのですが、エッセンシャルライフ・コンサルティングを学んだ年は、オーガナイズの中で実際にそれを使ってみることにしました。一緒にオーガナイズする人の才能というのを意識するようにし、お互いの才能を活かすかたちでオーガナイズを進めたところ、とても上手くいきました。お互いの才能を認めるということは、結局、ハートから眺めると言うことでした。マインドを通して眺めると、お互いの違いが問題に思えるのですが、ハートから眺めて、お互いの才能を認め、それを活かすことで、関係が違ったものになり、こんなにもものごとがスムーズに進むのだということは、僕自身にとっても貴重な体験となりました。自分自身の大切なものと調和して動き、他の人の大切なものとも調和して動くことは、とても楽なことでした。そうやってオーガナイズした年は、苦労せずに、大きく成功しました。その成功体験は、自信につながりました。

Q:エッセンシャルライフ・コンサルティングを提供することは、ヴィジェイさんの人生にとって、どんな意味をもちますか?

A:瞑想を分かち合いたいという気持ちがすごくあるので、エッセンシャルライフ・コンサルティングを通して、離れた場所に住んでいる人にでも電話で瞑想を分かち合え、それを受け取ってもらえる、そのことにとても意義を感じでいます。また、トレーニングの中でトランスミッションを学ぶことにより、エネルギーをどのようにトランスミッションをするかということが理解でき、それを実際に行えるようになったのがとても大きかったし、それで僕自身のセッションの質がより繊細なものになったと思います。電話(スカイプ)のセッションは、おもしろいことにエネルギーが、ダイレクトに、伝わりやすいと思います。瞑想や愛といった僕が大切にしているもののエネルギーが、遠く離れた人にも伝えられて、受け取ってもらえるがすばらしいし、僕の人生の意味は、そういうものを探求し、分かち合うことです。

だから、今このセッションを提供することで、自己実現の喜びを感じています。

Q:サトルボディヒーリングのセッションも行っていらっしゃいますが、その魅力は何ですか?

A:サトルボディヒーリングでは、クライアントの人だけでなくセッションギバーも同時に意識が広がることを体験できます。サトルボディヒーリングの2年間のトレーニングを通して、ヒーリングとは何かと言う理解が深まりました。その秘密は、スペースとエネルギーの両方を同時に気づくことだと思います。

サトルボディヒーリングで学んだことが、エッセンシャルライフ・コンサルティングにも活かされています。エッセンシャルライフ・コンサルティングでは、エネルギーのリーディングをしながら行っていますが、僕自身がエネルギーを経験し、その働きを理解していることが、セッションを提供するうえでとても助けになっていると思います。

Q:ヴィジェイさんの将来のビジョン、または夢は何ですか?

A:エッセンシャルライフ・コンサルティングのことで言うなら、鬱の人とか、本当に苦しい人、そういう問題を抱えているひとにもエッセンシャルライフ・コンサルティング的なアプラーチがつくれないかと思っています。たとえば人間関係の問題とかを、電話のセッションでできるようになるといいなと思います。将来的には、エッセンシャルライフ・コンサルティングのようなプログラムを自分でもデザインしたいと思っています。そして、日本一のセラピストになりたいと思っています。世界はセラピストを必要としている。なぜなら世界にはあまりにも愛が欠如しているからです。

Q:最後に、このサイトご覧になっているみなさんに何かメッセージはありますか?

A:地震や原発のことで大変な気持ちになっている人が多いかもしれないけれど、ただ内側に入って安心立命の境地を体験するだけでなく、その中心に根ざしながら、外側に出て行って、世界に対しての愛や貢献することを経験することも、とても貴重なことだと思います。そのバランスの大切さ僕に教えてくれたのは、エッセンシャルライフ・コンサルティングや「本質を生きる」のグループ、サトルボディヒーリングのトレーニングでした。内側の平和だけでなく、外側でもそれを表現してく、一人でも多くの人にそのような体験をしてほしい、そう心から思います。世界はますます愛を必要しています。内側に入れば愛は見つかるので、その愛を生きて、外側にも広げていってほしいです。


プロフィール:
20年以上にわたるセラピスト・カウンセラーの経験。ハート瞑想を基礎にさまざまなアプローチを展開する。ユニオミスティ公認ティチャー。インナーチャイルドワークも得意。トランスミッターという強烈な変容のためのセッションもする。否定的な感情の解放のセラピーの専門家でもあるが、最近、内側の価値ある資質を表現して、肯定的な人生を創造するための「エッセンシャルライフ・トレーニング」を電話/スカイプを使って始めた。オランダのセラピスト・ビレッシュの来日を三年にわたりサポートし、その活動と心意気を認められ「ヒューマニバーシティ・ジャパン」という名前をもらった 。




VIJAY(辻本ヴィジェイ)さんのセッションを受けてみたい方は下記に直接ご連絡ください。

連絡先(メールアドレス):MYSTIC UNION VIJAY(辻本ヴィジェイ)
お電話でのお申込みは:0798-72-2508
ホームページ:http://vijay3.seesaa.net/
http://plaza.rakuten.co.jp/vijay/10001